秋元康のプロデュースにより、2010年10月に誕生した、大阪市難波にある専用劇場「NMB48劇場」を拠点とし近畿地方を中心に活動している。

AKB48の全国展開の一環で、名古屋SKE48に続く第2弾として大阪市が選ばれ、2010年10月9日の東京・葛西臨海公園での野外ライブ『Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら』において初めてお披露目され[2]、発足した。これにより、秋元康プロデュースによる「48プロジェクト」(「AKB48グループ」とも)ユニットが日本三大都市圏に出揃った。

グループ名の「NMB」の由来は、劇場の所在地である中央区浪速区に跨る大阪の二大繁華街の一つ、ミナミにある「難波(なんば)」(NAMBA)からで、「難波48」とも称される[3]

活動方針に関してはAKB48や他の姉妹グループと共通する部分がある。また、SKE48やHKT48と同様に、メンバーがAKB48名義のシングルの歌唱メンバー(選抜メンバー)となったり、AKB48の握手会やコンサートなどのイベントに参加したりする。

中央区の難波千日前、なんばグランド花月向かいのYES-NAMBAビルに『NMB48劇場』を有している。2010年12月3日に閉館したbaseよしもと(現在は5upよしもとを経てよしもと漫才劇場)を改装してできたもので、2011年1月1日の初演以来ここで定期的に公演を行っている[4]。2009年8月から2012年3月までSDN48と共用だったAKB48劇場、オープンから2012年8月まで共用だったSKE48のSUNSHINE STUDIO(現・SKE48劇場)とは異なり、NMB48劇場は一貫してNMB48の公演専用となっている。

 

 

引用 : 

https://ja.wikipedia.org/wiki/NMB48

 

NMB48 画像 : 

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=NMB48&aq=0&oq=nmb&at=s&ai=jEdk4l2fTD2lDPDYiqWk2A&ts=5358&ei=UTF-8