SDN48(エスディーエヌ フォーティエイト)は、2009年から2012年まで活動していた日本女性アイドルグループである。

秋元康の完全プロデュースにより2009年に誕生した。グループ名のSDNの由来はAKB48が公演を行っている東京都千代田区秋葉原外神田)のAKB48劇場で例外はあったが原則毎週土曜日の夜に(SaturDay Night)公演を行うことにちなんでいる。2012年3月31日をもってメンバー全員が卒業し、グループとしての活動を事実上終了した。

 

 

AKB48・SKE48NMB48と同様にすべての楽曲をプロデューサーの秋元康が作詞を手掛けていた。AKB48と同じ「AKS」の運営で発足[1]する。

公演開始時刻はAKB48より遅い20時30分が基本であったが、土曜日のほかに平日、土曜日の昼間帯、休日の昼間帯・夜間帯、に公演を実施することもあり、平日は19時00分開演である。SDN48の構想が発表された当初は22時00分開演を予定するも実際は全公演が20時30分開演で、終演時刻が22時を越えることと“大人向け”の公演内容がそれぞれ東京都青少年の健全な育成に関する条例に抵触する可能性から、観客はロビー観覧も含み18歳以上の社会人限定である。2009年12月から19時00分開演回は18歳以上の高校生が観覧可能となった。劇場公演の観覧料金はAKB48と異なり年齢や性別を問わず3000円である。

当初はAKB48とSDN48を兼任するメンバーがいたが、『AKB104選抜メンバー組閣祭り』以後はSDN48専属となりAKB48のシングル楽曲の選抜メンバーに選出されていない。「AKB48プロジェクト」の一翼と位置付けられて番組やイベントで共演するも、AKB48の人気上昇につれてその前座や握手会の合間を持たされ、2010年10月11日に東京競馬場で開催されたAKB48の握手会では、SDN48のメンバーが勝負服着用してダートコースで徒競走する結果をAKB48のメンバーが予想する催し[2]が行われている。

メンバーの条件は20歳以上の年齢で上限はない。AKB48を含めた姉妹グループの中で唯一恋愛が認められて既婚者[3]がおり、研究生のダンス講師、通訳などAKB48のサポート[2]を務める者も見られる。

2012年3月31日にNHKホールで行われた『SDN48 コンサート「NEXT ENCORE」 in NHKホール』でメンバー全員が、「夢に向かって羽ばたいてほしい」願いを込めて[4]「卒業」[5]する。

2013年1月27日に開催された『AKB48 リクエストアワー セットリストベスト100』最終日公演で「孤独なランナー」が18位に選ばれてメンバーが集結し、歌唱後のMCで特別公演を同年3月31日にAKB48劇場で開催することを発表[6]

 

引用 : 

https://ja.wikipedia.org/wiki/SDN48

 

SDN48(エスディーエヌ フォーティエイト) 画像 : 

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=SDN48&aq=0&oq=sdn&at=s&ai=AVe8cvU5SFaDf2YX2R3b2A&ts=6699&ei=UTF-8