SUPER MONKEY'S (スーパー・モンキーズ) は、過去に存在した日本女性ダンスアイドルグループであり、安室奈美恵MAXの源流のグループである。

 

 

元々は「沖縄アクターズスクール」のトップ選抜グループの総称「クラブハート」→「SUPER MONKEY'S」をそのままグループ名に代用。当初は15人の選抜グループから始まり、最終段階では女子5人男子2人(そのうち一人は牧野アンナの実兄)で活動する予定だったが、直前で変更され女子5人グループとなる。名前の由来はスクールの校長であるマキノ正幸の「お前たちはまだタレントではなく猿の段階、でも猿だけじゃかわいそうだからスーパーモンキーズにしよう!」の一言がきっかけであると当時の雑誌インタビューなどで発言している。グループ結成から「TRY ME 〜私を信じて〜」がヒットする迄、頻繁にメンバーチェンジを繰り返している。以下にその歴史を段落分けして記述する。

「SUPER MONKEY'S」時代(1992年 - 1993年4月)[編集]

メンバー全員が琉球空手の初段で、デビュー前に琉球放送のローカル番組『HOT NIGHT沖縄アイランド』のオープニングで空手パフォーマンスを演じるなど地元番組に度々出演しており、それが東京のテレビスタッフの目に留まったことがきっかけで全国ネットのテレビ出演が決まる。
初代リーダーはマキノ校長の娘で既にアイドル歌手を経験していた牧野だったが、1992年の12月に脱退し、沖縄アクターズスクールの講師に転身した[注 1]。また牧野の脱退直前の11月に新メンバーの仲宗根梨乃が加入するが、年明けに入院のためイベント出演も欠席するなど「SUPER MONKEY'S」として本格的な活動はなかった。牧野脱退後、澤岻が2代目リーダーとなる。

「SUPER MONKEY'S 4」時代(1993年4月 - 1994年6月)[編集]

  • 安室、澤岻、天久、新垣の4人体制に移行。同時にメンバー全員が沖縄アクターズスクールを卒業し、上京する。
  • 1993年4月より、NHKの音楽番組『POP JAM'93』に番組のマスコットガール兼バックダンサー・“PJG(ポップ・ジャム・ガールズ)”としてレギュラー出演。
  • 同5月、NHKのテレビアニメ『忍たま乱太郎』の初代エンディングテーマとなった2ndシングル「ダンシング・ジャンク」をリリース。
  • 同11月、シングル「愛してマスカット」をリリース。同曲でロッテ「マスカットガム」のCMイメージキャラクターに起用され、「新作ロッテガムキャンペーン」と題したイベントを全国各地のデパートやスーパーマーケットで行っていた。
グループの活動休止以降は長らく歌われていなかったが、2004年に安室のファンクラブ限定ツアーのアンコールで久々に披露される。また、20周年ドームツアー「namie amuro 5大ドーム TOUR 2012 ~20th Anniversary Best~」でもアンコールに披露された[1]

 

 

引用 : https://ja.wikipedia.org/wiki/SUPER_MONKEY%27S

 

 

 

 

SUPER MONKEY'S 画像 : 

https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%BA&aq=3&oq=%E3%81%99%E3%83%BC%E3%81%B1%E3%83%BC%E3%82%82&at=s&ai=6k6ab5CzRhaJXvVSa2tkTA&ts=14320&ei=UTF-8